高橋一生「『民王』以降、出演する全ての作品が転機」

投稿日:2016年9月28日 更新日:

「カルテット」で高橋が諭高として口にする言葉は全てセリフだと言う (C)TBS 大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)ではお家の問題から哀しき宿命を背負う小野政次を繊細に、「カルテット」(TBS系)では理屈っぽくて個性的な持論を展開するビオラ担当の家森諭高を軽妙に演じている高橋一生。全く別の時代の異なる背景を持つ役柄を同時期に演じ分けることについて尋ねると。 【写真を見る】「カルテット

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

「魔法使いの娘ニ非ズ」最終7巻、10年以上にわたり執筆されたシリーズが完結

那州雪絵「魔法使いの娘ニ非ズ」の最終7巻が、本日4月25日に発売された。ホーリンラブブックス、まんが王、まんが全巻ドットコムでは、購入者特典としてイラストブロマイドが付属する。「魔法使いの娘ニ非ズ」最終7巻「魔法使いの娘」は2002年に執筆が開始された、日本一の陰陽師・鈴の木無山を養父に持つ少女・初音が主役のファンタジーコメディ。彼女がさまざまな心霊現象に巻き込まれていく中で、自身の生い立ちや養父

no image

櫻井孝宏&宮野真守が「GODZILLA」観て語彙力奪われる、シンゴジ俳優も応援

アニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」の完成披露舞台挨拶が、本日11月2日に東京・TOHOシネマズ新宿にて行われた。後列左から静野孔文監督、梶裕貴、諏訪部順一、瀬下寛之監督。前列左から津田寛治、松尾諭、宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜。すべての写真を見る(全43枚)
イベントにはハルオ・サカキ役の宮野真守、メトフィエス役の櫻井孝宏、ユウコ・タニ役の花澤香菜、アダム・ビンデバルト役の梶裕貴、ムルエル・…

8月18日の注目映画第1位は『身体を売ったらサヨウナラ』

8月18日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。
第1位『身体を売ったらサヨウナラ』(7月1日公開)

(C) 2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ かつてAVに出演していたことが暴かれた、元新聞記者の鈴木涼美による自伝的著書を映画化。昼と夜で異なる世界を生きながら幸せを求めるヒロインの姿を描く。監督は、『下衆の愛』などの内田英治。主演は、『恋の渦』など

93歳の“マーベルの重鎮”スタン・リーが25年ぶり来日!創作の秘訣は「心から楽しむ」

 クランクイン!
 いまや世界、いや地球規模のヒーローとなったスパイダーマンやアイアンマンの原作者であり、それらヒーローを束ねるマーベル・メディアの名誉会長であるスタン・リーが1日、早朝に来日。今月28日で94歳を迎えるリーだが、老いてますます盛ん! とばかり、午後に行われた会見ではそのパワフルさの秘訣を語り、さらに来年公開となるマーベルの新作映画『ドクター・ストレンジ』をPRした。
【関連】25

新海誠監督、『君の名は。』メガヒットの理由 「ラインに負けないような…」

受賞の喜びを語った新海誠監督.jpg
 「第71回毎日映画コンクール 表彰式」が15日、神奈川県川崎市で行われ、アニメーション映画賞と映画ファン賞をW受賞した『君の名は。』の新海誠監督が登壇した。 興収240億円を突破し、国内の歴代興行収入では4位のメガヒットを記録した本作だが、新海監督は、「たくさんのスタッフを代表して今日はこの場に立たせていただいております」と謙虚にあいさつ。 実は12年前の『


横山恋愛アカデミー WL-A170



×
ケアプロスト