横山恋愛アカデミー WL-A170

【東京都知事選】<鳥越俊太郎氏>ニコニコ動画のネット討論に出席せず!

投稿日:

1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2016/07/25(月) 00:22:40.73 ID:CAP_USER9.net

東京都知事選(31日投開票)に出馬する元総務相の増田寛也氏(64)や
元防衛相の小池百合子氏(64)ら5候補が24日、ニコニコ動画のネット討論に出演した。

討論では、山口敏夫元労相(75)や視聴者から、増田氏が岩手県知事時代に、
県の借金を2倍に増やしたことの責任を追及する質問が相次いだ。

増田氏は「岩手はインフラ整備が遅れていた。
新幹線を作らないという選択肢はなく、県の負担が増えた」などと説明した。

また、小池氏に対しては、都議会の冒頭解散に関する質問が視聴者からあった。

小池氏は「解散するには前提として(都議会から)不信任を受けないといけない」と説明した上で、
前提となる不信任案が提出されない場合については、「信任されたということで、混乱はない」と述べた。

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は出演しなかった。

産経新聞 7月24日(日)23時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-00000544-san-pol



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1469373760

続きを読む

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

『この世界の片隅に』の監督が選ぶ「時の流れ」を感じる10の小説

気持ちに触れ、寄り添う物語
お陰さまで映画『この世界の片隅に』はロングランを続けています。今回は、この映画のテーマである「時の流れ」を感じる10冊を選びました。
1位の『ブラックアウト』は続編の『オール・クリア』と併せて映画の製作中に読んでいました。『この世界の片隅に』に最も密に繋がる作品で、2060年のオックスフォード大学に通う3人の学生が、第二次大戦中のロンドンを研究するため、タイムトラベルを

星野源、ドラマ『プラージュ』で主演 これまで演じた中で「最もダメな人」

歌手で俳優の星野源が、WOWOWで今夏放送される連続ドラマW『プラージュ』に主演することが15日、明らかになった。

同ドラマは、誉田哲也の同名小説を原作とし、過去を背負い居場所を失った者たちが何かに引き寄せられたかのように集まるシェアハウス「プラージュ」を舞台に、”訳アリ”の住人たちが起こすさまざまな騒動を描く。星野は、憂さ晴らしに出かけた先で、よくわからないまま打たれた覚せい剤使用で逮捕されて

かりゆし58、名曲「アンマー」から着想した有川浩による小説「アンマーとぼくら」発売

かりゆし58の名曲「アンマー」に着想を得た、「図書館戦争」「植物図鑑」など数多くのヒット作を生み出している有川浩氏による書下し感動長編小説「アンマーとぼくら」がこの夏、全国発売となる。

小説『アンマーとぼくら』 (okmusic UPs)
「アンマー」は2006年7月にリリースされた、…

穴井千尋 やりきりました 卒業インタビュー

●月イチ活動報告  今月末でHKT48を卒業する、ちーちゃんことチームHキャプテン穴井千尋(20)。これまで10回にわたり登場してくれた西スポの連載も、今回が最後です。いつも優しくほほ笑みながら、締めるところは締め、HKT全体のことを思う発言を残してきたキャップ。自身のことはあまり語らなかった彼女は、柔らかな笑顔の裏でどんな思いを抱いてきたのか。劇場での卒業公演を終えたばかりの彼女に、5年間のアイ

“花”の力で秀吉に挑む野村萬斎、役に込めた思い「主人公の純真さは人の心の鏡」

戦国時代に生きた花僧、池坊専好の半生を描く「花戦さ」(3日公開、篠原哲雄監督)。権勢を誇る豊臣秀吉に生け花をもって抗った専好を演じた狂言師、野村萬斎(51)が役に込めた思いを明かした。
 原作は鬼塚忠氏の小説「花いくさ」。織田信長の死後、豊臣秀吉が圧政を敷いた16世紀後半、華道を極めた天才花僧、池坊専好が、命を賭して花の力で世直しに挑む姿を描くエンターテインメント時代劇だ。
 実は専好を伝える資料

×
ケアプロスト