横山恋愛アカデミー WL-A170

TokyoDocs、2012年提案企画が映画化、「アトムとピース」として公開中

投稿日:

ドキュメンタリー番組の国際共同制作実現へ向け、2011年から毎年開催している国際イベント「Tokyo Docs」で、12年開催時に提案された企画がこのほど、「アトムとピース」という題名で映画化され、渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開中だ。午後9時からの1日1回上映を予定している。 同作は、長崎の小学校講師で被爆3世である松永瑠衣子氏の旅を追ったロードムービー。放射能の恐ろしさを一番知っていた

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

RHYMESTER主催「人間交差点」にANARCHY、CKB、KIRINJI、ベボベ

RHYMESTERが主催する野外イベント「人間交差点 2017」が5月14日に東京・お台場野外特設会場にて行われる。

大久保佳代子、アンタ柴田、ミッツ、アレクらが“働き方”と“モテる男女”を徹底討論『千原ジュニアのKOD』12・30生放送

無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaNewsチャンネル」で、12月30日(日)に『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』が生放送される。

 この番組では、千原ジュニアがMCを務め、“働き方”と“モテる男女”の2つのテーマについて、パネリストと共に徹底的に討論する。今回パネリストとして討論に参加するのは、オアシズの大久保佳代子、アンタッチャブルの柴田英嗣、ミッツ・マングローブ

NHK特番で話題、地元熊本へ想いを届ける若手ロックバンドBLUE ENCOUNTの魅力

今最もエモいバンドと10代・中高生から高い評価と支持を得ているBLUE ENCOUNT。ライブでは感極まって号泣するほど感受性豊かなボーカルを筆頭に注目を集めている。彼らのこれまでの活動の軌跡や魅力に迫る。熊本が生んだエモーショナルバンドBLUE ENCOUNTとは?2004年に田邊駿一(ボーカル、ギター)、江口雄也(ギター)、高村佳秀(ドラム)がBLUE ENCOUNTを結成。2009年には辻村

長瀬智也 独身の悲哀!?新ドラマ試写会で意気込む

TOKIOの長瀬智也(38)が4日、都内で行われた、TBS系主演ドラマ「ごめん、愛してる」(9日スタート、日曜、後9・00)の特別試写会で舞台あいさつを行った。 長瀬が演じるのは、幼少時に親から捨てられ、愛情に飢えて育った青年役。「実年齢よりちょっと下ですが、僕も独り身の男として、孤独な時間でいろいろと感じることもあるので、そういったことを表現できたら」と意気込んだ。 長瀬にとっては、98年に出演

中尾明慶がジミー大西役、小出恵介が明石家さんま役に Netflix『Jimmy』2017年夏配信へ

 明石家さんまが企画・プロデュースを務めるNetflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』より、キャストと配信日が発表された。
 本作は、明石家さんまが芸歴42年目で初めてプロデュースした連続ドラマ。ジミー大西や周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。
 このたび、ジミー大西役を中尾明慶、明石家さんま役を小出恵介が演じることが決定。

×
ケアプロスト