横山恋愛アカデミー WL-A170

黒柳徹子 親友・永さんの死にショックも「涙がこぼれないように」【追悼文全文】

投稿日:

テレビの黎明期から活躍し、ラジオパーソナリティとして、また「上を向いて歩こう」をはじめ多数のヒット曲を作詞するなど、多方面で活躍したタレントの永六輔さんが11日、83歳で亡くなった。浅草出身。永さんは、長年パーキンソン病を患っていた。60年来の親友である黒柳徹子(82)が同日、テレビ朝日を通じて追悼コメントを発表。「このごろお友達が亡くなって、本当に、最後の一撃のような、永さんの死です」と悲しみに

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

空想委員会の野音ワンマンをニコ生配信、当日に至るショートドキュメンタリーも

空想委員会が9月22日に東京・日比谷野外大音楽堂で行うワンマンライブ「空想トラベル presents 空想野外大音楽祭」の模様がニコニコ生放送で配信される。

NMB48須藤凜々花が6周年コンサートでドリカムを呼ぼうとしていた

「NMB48 6th Anniversary LIVE」初日公演が神戸ワールド記念ホールにて開催された。6周年を記念するコンサートとなり、7年目へ向け大きく飛躍するために組閣が発表され、また上西恵の卒業も発表されるなど大きな動きがあった。そのコンサートにて、存在感を発揮していたのが須藤凜々花だった。

特に、MCでは独特のセンスが光る言葉選びで場を盛り上げていく。
この日のMCでも、「今回のセット

紅白“グダグダ演出”に批判続く…演出ナシでは持たない根本問題

NHK紅白歌合戦公式サイト http://www.nhk.or.jp/kouhaku/
 昨年の紅白歌合戦が物議を醸しています。ほとんどは演出面について。『シン・ゴジラ』からピコ太郎と、昨年の流行りものを詰め込んだ出し物はどれも消化不良で、目玉だったタモリとマツコ・デラックスの小芝居も不発に終わったのです。

 長時間に及んだ“グダグダ”に、劇作家の鴻上尚史氏はツイッターで「人間の生理を無視してい

BUCK-TICK、9月21日リリースシングル 「New World」ジャケット写真& 「New World」ダイジェスト試聴トレイラー公開!

デビュー時のレコード会社ビクターへ20年ぶりに復帰したBUCK-TICK。その第1弾リリースとなる2016年9月21日(水)リリースニューシングル「New World」の初回限定盤A/Bと通常盤との2種類のジャケット写真が公開され、さらに表題曲「New World」ダイジェスト試聴トレイラーがYouTubeで公開された。
9月21日は29年目のデビュー日にあたり、来年のデビュー30周年にむけてのキ

何もかも破天荒なアイドル2人組 「生ハムと焼うどん」の本音とは?

事務所に所属せず、完全セルフ・プロデュースで活動する話題のアイドル・ユニット、生ハムと焼うどん。2016年10月21日(金)には3000人動員のワンマン・ライブを行う彼女たちが、CREA WEBに初登場! JKを卒業したばかりの二人が、素敵な大人の女へと成長するためには何が必要かを好き勝手に話し合う無軌道トーク!第2回 Instagramがおしゃれを変えた!(10/19公開)
第3回 毛の処理と下

×
ケアプロスト