横山恋愛アカデミー WL-A170

野村周平 「女性は難しい。何を考えているかわからない」

投稿日:

主演映画が公開された野村周平 2009年、所属事務所のオーディションに出場しグランプリを受賞。それから7年間で20本近い映画やドラマに出演する、引っ張りだこな若手俳優・野村周平(22才)。  夏の終わりに一風変わった教習所に通うハメになった大学生とヤクザの組員が、いわくつきの人々とともに過ごしたひと夏を描く主演映画『森山中教習所』。この映画でマイペースな大学生の清高役を演じている。 「ぼくのバイブ...

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

小池栄子「本当に私でいいの?」

小池栄子「本当に私でいいの?」 芸能ニュース

悪い理由があるか?

じゃなきゃヤダ

土下座してでもお願いしたいんだよなぁ

ええんやで

プロフィール小池 栄子(こいけ えいこ、1980年11月20日 – )は、日本のタレント、女優、元グラビアアイド…

邦画大ヒットの年に是枝裕和監督が「日本映画への危機感」を抱く理由

「このままでは日本の映画は本当に終わってしまう」――そう強く訴えるのは『海街diary』など数々のヒット作を世に出し、2013年には『そして父になる』で第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞受賞をした是枝裕和監督だ。
今年は邦画のヒット作がいくつも生まれたにもかかわらず、日本映画界への危機感をあらわにする。その心中とは――。
ガラパゴス化する日本映画
「日本の映画業界はどんどん閉じ始

「わたしのカイロス」のからあげたろう、コーヒーと少女の物語をマオウで開始

「わたしのカイロス」のからあげたろうによる新連載「コーヒー・カンタータ」が、本日11月26日に発売された電撃マオウ2017年1月号(KADOKAWA)にてスタートした。

新真打ちの桃之助、和光「下町の言葉遣い伝える」

落語芸術協会(桂歌丸会長)の新真打ち、桃太郎門下の昔昔亭桃之助(46)、鶴光門下の笑福亭和光(44)2人の会見が9日、都内で行われた。
 漫才コンビや浅草の老舗つくだ煮屋勤務を経て、31歳で入門した桃之助は「生まれも育ちも江東区なので、下町の言葉遣いをきちんと伝える落語家に」、運送業などさまざまな職業を経て、29歳で入門した和光は「笑いの多い演目を心掛けて、『あー楽しかった』と思っていただける笑い

高梨沙羅、師匠は…ざわちん 「本当にすごい方」とリスペクト

高梨沙羅

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(20)=クラレ=が12日放送のフジテレビ系「スポーツLIFE HERO’S」にVTR出演し、自身の“師匠”に、ものまねメイクタレントのざわちんを挙げた。 番組でインタビューに応じた高梨はマイブームを問われて、「化粧」と即答すると、「いろんな人の顔を見て研究しています」と勉強中であることを明かした。特に参考にしている有名人として、ざわちんの名

×
ケアプロスト