横山恋愛アカデミー WL-A170

木村文乃、新ドラマで演じるキャラ写真を公開 「光ちゃんのテンション可愛かった」

投稿日:

(※「木村文乃」インスタグラムのスクリーンショット)  女優の木村文乃が、9日、自身のインスタグラムで、新ドラマ『神の舌を持つ男』(TBS系)で演じる甕棺墓光(かめかんぼひかる)の姿の写真を公開。初回放送翌日ということで「第一話をご覧頂きありがとうございました」と視聴者へ感謝するとともに、役どころについての思いを綴っている。 【関連】「木村文乃」フォトギャラリー  新ドラマ『神の舌を持つ男』は...

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

小越勇輝「僕は余計、芝居が好きになりました」 続編決定のドラマ「弱虫ペダル」総北4人、イベントでは伝えきれなかったこと<一問一答>

【小越勇輝/モデルプレス=2月19日】18日、東京・ディファ有明にてドラマ『弱虫ペダル』(BS スカパー!)のBlu-ray&DVD発売記念イベントが行われ、主演の小越勇輝(22)をはじめ木村達成(23)、深澤大河(22)、郷本直也(36)、平井浩基(22)、滝川英治(37)、青木空夢(23)らが登壇。イベント後、メディア向けに行われた合同取材では、総北メンバーの小越、木村、深澤、郷本の4人が続編

さやわか『文学としてのドラゴンクエスト』刊行 日本とドラクエの30年

物語評論家・さやわかさんによる新書『文学としてのドラゴンクエスト』が、12月2日(金)に刊行された。価格は800円(税別)となる。
本書では、2016年に誕生30周年を迎えた『ドラゴンクエスト』シリーズについて、「ドラクエ」の作者・堀井雄二さんと小説家・村上春樹さんとの比較などによって、「ドラクエ」が切り開いた新しい文学の地平を論ずる。
さやわかが評論するドラクエの文学性
さやわかさんは『一〇年代

「Pick-up Voice」最終号!! 2年7カ月ぶりに単独表紙を飾った宮野真守の売れっ子ぶりを再認……

――昨今の声優人気に伴い、気がつけば声優専門誌も定期・不定期を合わせて10誌以上が刊行されている。そんな“声優誌 群雄割拠”の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく――
「Pick-up Voice」編集部(@PuV_official)のTwitterより。
■「Pick-up V

【画像】フレッシュオールスターの草薙球場の現在・・・雨の影響で放送席がヤバい事にwwwwww

続きを読む

「【マスターメイサー】リズベット」キリトを想いながらも親友の為に一歩退いたサブヒロインのSAOでの姿を特集!

画像出典:http://dengekionline.com/elem/000/000/818/818488/

ソードアート・オンラインでアスナの親友として登場したヒロインの一人『篠崎里香』のアバター。
鍛冶屋としてキリトたちの武器を製作した。
その名も「リズベット(Lisbeth)」。
鍛冶スキルを極める一方、メイスの扱いにも長ける【マスターメイサー】。
キリトを想いながらも親友の為に一歩退い

×
ケアプロスト