横山恋愛アカデミー WL-A170

坂本九さんの長女・大島花子が永六輔さん偲ぶ

投稿日:

大島花子(写真は2006年12月10日) 坂本九さんの長女で歌手の大島花子(42)が、7日に死去した永六輔さん(享年83)を追悼した。 永さんは九さんが歌った大ヒット曲「上を向いて歩こう」の作詞を手掛けたことでも知られる。大島は11日、永さんの訃報を受けブログを更新。昨年2月に撮った車椅子の永さんとのツーショット写真を公開。さまざまな思い出を振り返り「『上を向いて歩こう』をどんなイメージで作詞され

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

no image

「読まなきゃよかった」とネットで話題騒然のサイコホラー『外れたみんなの頭のネジ』3巻では、いよいよミサキの記憶が明かされる……!

『外れたみんなの頭のネジ』(洋介犬/泰文堂)
 個人的にいま一番怖いホラーマンガ家だと思っている作家さんがいる。それが洋介犬さんだ。彼はそのユニークなペンネームからは想像もつかないようなホラーを量産する、現代の“トラウマ製造機”である。
 そもそも、洋介犬さんとの出会いはブログ「イヌギキ」がきっかけだった。彼はそこでホラーテイストのショートショートを発表していたのだ。作品はどれも1、2ページほどの

【衝撃】フジテレビで怪奇現象が続発!関係者が“立ち入り禁止レベル”の部署を暴露!

町田康、島本理生、山戸結希ら著名人『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』に絶賛コメント

現在公開中の映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』に、町田康、山戸結希ら各界の著名人がコメントを寄せた。
 本作は、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督と、『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホールが初タッグを組んだヒューマンドラマ。交通事故で妻を亡くし、精神的に病んでいた投資銀行家デイヴィスが、シングルマザーのカレンと彼女の息子クリスとの出会いによって、徐々に自分を

美人シンガー・ソングライター澤田かおり “和製キャロル・キング”、ラジオで人気上昇中

セカンドアルバム「FRONTIER」(ハッツアンリミテッド)をリリースした美人シンガー・ソングライターの澤田かおり(31)。収録曲の「アイオライト」がラジオからじわじわと人気が高まり、話題を集めている。「和製キャロル・キング」と呼ばれ、CM曲を100曲以上を手掛ける。昨年、アルバム「Songwriter」でメジャーデビューを果たした。「充実感の1年」と振り返る。待望の新アルバムでは全11曲をプロデ

紀香挙式に600人 本殿に変更

×
ケアプロスト