横山恋愛アカデミー WL-A170

さんまVS上沼恵美子「和解はウソ?」凍てついた収録現場

投稿日:

 過去の因縁から“犬猿の仲”と噂された大物タレント同士の“手打ち”が番組共演で実現‼ ただその実情はというと……。  かねてより“共演NG”といわれてきた明石家さんま(60)と上沼恵美子(61)が、6月18日に放送された『さんまのまんま 大阪から生放送SP』(関西テレビ)で22年ぶりに共演を果たした。「“しゃべりの天才”2人の22年ぶりの直接対決ですから、放送前から大きな話題でした。特に、過去の両...

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

エロくない、「性器&おっぱいパイプ」を作るアーティスト。

女性器や男性器、あるいはおっぱいの形をした、“エロくない性器アート”。少しグロテスクだけど可愛らしい陶器作品の持つ意味とは何だろうか?

(Photo by Caitlin Rose Sweet)
 陶器で作られた、一つひとつ異なるユニークさを持つ女性器型のパイプ。このようなグロテスクさを感じさせるアートの数々を作ったのは、ニューヨークのブルックリンを拠点にするアーティスト、ケイトリン・ローズ・ス

インディーゲーム開発者の交流イベント『INDIE STREAM FES 2016』が9月17日開催へ アワードとライトニングトーク参加者募集は9月4日まで

インディーゲーム開発者コミュニティの『INDIE STREAM』は、『東京ゲームショウ2016』の会期中、9月17日(土)に開発者の交流イベント『INDIE STREAM FES 2016』を開催することを発表しました。公募作品から優秀作品を表彰する『INDIE STREAM AWARD』とライトニングトークのエントリーを9月4日まで受け付けています。
『INDIE STREAM』は、『Tenga

乙武洋匡氏「生きているうちにもう一度だけ」

乙武洋匡氏 作家の乙武洋匡氏(40)が、新年を迎え前向きな気持をつづった。
 16年は不倫騒動によってバッシングを浴び、社会的信用や仕事、そして家族など多くのものを失う1年となった。年末の最後のブログでは一連の騒動を「私の不徳の致すところであり、痛恨の極みです」と振り返っていた。
 それでも今回の失敗から得た教訓を今後の人生に活かし、「後年になって、『あのときの失敗は意味のあるものだった』と振り返

「文学賞」へAI(人工知能)指導 ソフトバンクG子会社が開発 「相性が良い」文学賞薦める

ソフトバンクグループの会社が、国内の文学賞に応募する小説を人工知能(AI)で添削指導するサービスを始めることが8日、わかった。受賞作の特徴や傾向などをAIが分析し、「相性が良い」文学賞を薦めるという。
 小説のAI添削を始めるのは、出版事業を手掛けるツギクル(東京都港区)。ソフトウエアベンチャー「AIREV」(同福生市)が開発した、言葉の文法や文脈を理解できるAIを使う。AIに各文学賞の受賞作品を

リアルタイム対戦カードゲーム『タイタンフォール フロントライン』iOS/Android向けに発表

昨年10月に制作が報じられていたRespawn EntertainmentとNexonの提携による『Titanfall』ユニバースが題材のスマートフォン/タブレット向けスピンオフタイトルですが、NexonはiOS/Androidを対象にリアルタイムPvPカードゲーム『タイタンフォール フロントライン(Titanfall: Frontline)』を正式発表しました。今秋にF2Pタイトルとして配信が予

×
ケアプロスト